2009年07月19日

海の神様Love〜ぅ!宮崎7日目

85849a940173ff32cbb0cc5020ee4bb1.jpg

 さいあいさんにはスルーしたと油断させといて、で、裏をかいてしっかり行ってきました、日の出ホルモン〜ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ♪
昨日の記事で、うちの娘がゴキちゃんに悩まされていた記事を書いたが、大磯の高台に住むさいあきさんちにはゴキどころか三葉虫やアンモナイトも出没するのにね、そんなさいあきさんが本性を出してしまった「ゆっけ」を皮切りに。

PICT0443.JPG PICT0431.JPG PICT0453.JPG PICT0473.JPG PICT0451.JPG PICT0465.JPG PICT0460.JPG PICT0475.JPG

 二人なのであまり食えないが無理して押し込んだ、新鮮こりこり生センマイ、前回舌鼓を打ちまくって何度も追加したせせり、ホルモン好きにはたまらないしま腸と小腸、通が大好きツラミ、上カルビは口の中でとろけます、そして特選ハラミは脂があまいのです!、この卵スープのあり得ないおいしさを、さいあきさん、あらと、ともまる、とよすぃ、覚えているよね。
うちの妻は肉の味より、イケメンパラダイスなスタッフさん達に、>*0*<キャアアッってなっていたが・・・。

4d47314ef9a127737d2f0d7dc208cbeb.jpg

 夜明け前に入水、海の神様、ミ★(*^▽゚)v ありがとうございます★彡
腰〜腹セット胸あります、張って走れます、リップ有ります!
宮崎最終日、ほんとにありがとうだ♪
昨日と同じでなぜか6時を過ぎると、急に波数が減ってサイズダウンでってなったけど、人が本当に少なかった、ほぼ貸し切り状態だった最初の30分間は、波が小さく辛い辛いの今回の宮崎ツアーで、最高の思いをさせてもらったよv(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪
 
 脱水してから観光です、宮崎発→熊本インター→阿蘇山→やまなみハイウェー→湯布院→太宰府天満宮→博多。

afccd5c3cbb3824641dda744ec6e933c.jpg

 インター降りてから徐々に曇り空に、阿蘇山山頂に向かって雲がどんどん流れていく、雲行き怪しいなあって思いながら、ぐんぐん上がっていくが、案の定、暴雨風雨にΣΣ┗(|||`□´|||;;)┛ガーン!!
米塚を通過する頃まではまだ天気は持っていたが、草千里ヶ浜あたりではフォグランプ点けて20キロくらいでトロトロ走らなくてはいけないくらい前方視界不良!
ただ阿蘇山山頂に着いた頃にはほんの少しの時間だけ天候が落ち着いて、傘を壊したながらなんとか河口を観ることが出来た、しかし地球やばい!щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

976133922d643012b87d16b765f13f85.jpg

 JR阿蘇駅に降りて道の駅阿蘇に立ち寄り、だれだれなにべえが作ったお弁当って感じで売っているお弁当を買って奥にある座敷で食う。
知らん店で食うより確実に美味いし確実だし、そして道の駅で売っているそんな地産弁当食ってうまけりゃ道の駅で売っている産直素材を買ってしまうよな、っていい戦術だ。
そして「やまなみハイウェー」に、最初のワインディングロードを登り切った展望台から阿蘇山を観てみると、しっかり山頂付近だけがすっぽり雲に覆われている、そらあんな悪天候だわ・・・(ノ_<。)ビェェン

3f5a1a88c3636ea1700bcd3b8b23b6ed.jpg

 やまなみハイウェー、草原の、まさにみどりの絨毯の狭間を走るいままで見たことがないものすごいスケールの大きい素敵な景色のターンパイク。
以前に、箱根ターンパイクを走ったときに大感動したが(こんな景色は関西にはない)、それ以上に気持ちの良いターンパイク。
バイクでツーリング来ている人、非常に多いし、かなり性能のいい外車なんかで来ている人も多し!気持ち良すぎるよ、この道!

dc871ec7b03dc9abe091be3ada468291.jpg

 今回のトリップ(仕事だよ)の実は一番の目的はここ!キラッ ( = ̄+∇ ̄=)v イエーイ
太宰府天満宮、そうだ、そうなんだ、徳留新人の合格祈願だ!
満を持して境内に入って本殿を見たらお参りの人で長蛇の列!
こんな競争に負けていては、あらとの合格なんてままならない!これは決死の覚悟で合格祈願しなければと、並ぶのめんどくさい俺は、お賽銭箱の脇から割り込んでドロップイン、横からお賽銭投げ込んで、(^^w)パンパンッ「あらとが合格しますように!☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪ 」わっはっはっは、あらと、安心しろ、50人はごぼうぬきしてやったからな!

d5a21dc28da6a384f8b4ef15a53b1c95.jpg

 ホテルに荷物を降ろして博多ナイト、どこで何を食ったらいいのか、丁寧にリサーチを重ねた結果、選んだのは、もつ処 兆や
あたりでした(^_-)vブイブイッ、美味かった〜!関西人には少し濃いめのスープだけど、いい味が出ていて、肉から出てくる旨味をよく計算した味付けだから、食べ始めの頼りなさが、どんどん絶妙な味加減になっていくのが嬉しい。
具材で追加した丸腸もコロコリも、そして最初に頼んだ生レバーもビックリするくらい新鮮で美味かった!博多のほかの店は知らないが、大満足な晩ご飯になった。(しかもホットペッパークーポンで飲み放題に出来たんやけどお会計はなんと二人で合計6000円、いいのか!

 店を出た後、中州の屋台を見物しながらウロウロと。
韓国とかバンコクな雰囲気、アジアだ〜!といろんな意味でびっくりしながら屋台街を通過、妻がトイレに行きたいというのでキャナルシティ博多の地下に降りてトイレへ、そうしてキャナルシティ内を通過して博多駅側に出たつもりが、その語遭難。
海外で大規模ショッピングセンターに入ったときには方向感覚に注意という鉄則を忘れてしまっていた、大きく方向違いに歩いて、バスかタクシーに乗るかって迷ったくらいにまったく違う方向に歩いてしまった・・・(゚_゚i)タラー・・・
それくらい博多はアジア(笑)

  

posted by ひさぴ at 21:45| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
゚+。(ノ`・Д・)ノオォオォ。+゚
肉ぅぅぅ〜〜〜!!!!!!!!
肉食女子なmitsuちゃんにはたまらんです!
でも、肉も気になるけど、イケメンパラダイスのほうが気になる・・・

さいあきさんって虫とか普通に食べちゃいそうだよね(´゚∀゚`;)
Posted by ☆mitsu☆ at 2009年07月20日 17:31
えっ、mitsuちゃん知らなかったの?

虫はさいあきさんにとってはデザートだよ。


誕生日プレゼントはイモムシ希望ってmixiから通知きてたもん


って、いまのあたくしにゃこちらの画像はキツすぎる(-_-;)



Posted by あらと at 2009年07月20日 19:37
  さいあきさんの食べるのは三葉虫とアンモナイトと生肉だけだよ♪

  けっこうイケメンだと俺も思った、みんな若いのにしっかりした接客するから超さわやか!
  サーファーっぽい子多いのに、意外とサーファーは少ないらしい。
Posted by ☆ ☆mitsu☆ちゃんへ at 2009年07月20日 21:12
  日の出ホルモンと若林ツアーで。
  9月に逝きましょう、みんなで。
  もとい、行きましょう。

  しかし日の出ホルモン、安すぎるんだ、なんかおかしい。
  肉は実は・・・とか秘密は無いよね。(・・・はナウマン象とか)
  単品生はサントリーモルツで、飲み放題の場合のビールはマグナムドライだ。
  昨日はたまたま地域の祭りと言うこともあったのか、超満員で、危うく入店拒否だった。
  18時前に行ったら、19時半の予約の席があったので、そこに座らせてもらった。
  事前予約必要だ、同伴っぽい人や、仕事帰りの宴会や、コンパなど、地元民に絶大な人気だ!
Posted by ☆ あらとへ at 2009年07月20日 21:18
もちろん!一昨日の事のように覚えてますよ!(おととい?)

ここ数日の宮崎のエントリー、タマンナイっす。

若林、丸万、日の出ホルモン、チーズ肉巻き。。。
宮崎フルコースですね。
もちろん他にももっと色々旨い店あるんだろうけど、
魚、鶏、牛、既に完璧なリストですよね。

日の出ホルモン、今度は体調万全でビールと一緒にほうばりたいです。あの都内の倍はあるんじゃないかっていうレバ刺しを一人で一皿ビールと!って妄想してると、娘のスタイ(よだれかけ)が必要です。ジュルジュル〜♪

そうそう、ビラビラ行ける事になりました!
ってもさいあきさんに、関東組みの座席の空き状況確認してからですが。よろしくです〜
Posted by トヨスィ at 2009年07月21日 13:04
  なたみんなで宮崎行きたいね。
  あのときもよー笑った(^。^)
  

  お!トヨスィもビラビラ来るんや!
  俺は日曜日は絶対に行けるが、土曜が何時に現地入りできるかが未だ未定。
  選挙や〜!  
Posted by ☆ トヨスィへ at 2009年07月23日 09:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。